国立大学法人 旭川医科大学 麻酔科蘇生科講座 ポータルサイト AneSTATION

Minimoni - 再発性多発軟骨炎の麻酔

再発性多発軟骨炎の麻酔

カテゴリ : 
ミニモニ
執筆 : 
izumiy 2012-3-25 15:21

 

Anesthetic implications of relapsing polichondritis :A case report
Anesthesiology 1990;73:570-2.
 
<背景>
       34歳白人男性、175 74kg 鞍鼻再建手術
 
       23歳時に呼吸困難による活動性の低下、両側性難聴あり、再発性多発軟骨炎の診断を受け、ステロイド、免疫抑制剤による治療を受ける。
 
       手術の1年前に上気道感染によるwheezing,stridorあり入院歴あり。
 
<術前評価>
 
       呼吸機能検査
           肺活量:4.25l,  82%  1秒量:1.58l, 49
 
       CT: 気管・気管支に明らかな狭窄、腫瘍は認めず、気管径は正常
 
       BF: 重度の気管軟化症の所見で、吸気時に喉頭は虚脱、                             
      呼気時に気管・左主気管支は虚脱、明らかな気管・気管支の狭窄は認めず 
 
       胸部X線、心電図、電解質・凝固機能検査は正常範囲
 
       軽度の正球性正色素性の貧血、Hb12.7g/dl
 
       身体所見は鼻・耳・胸郭の軽度変形があるのみでstridor, wheezingなど呼吸困なし
 
<麻酔>
 
       心電図・血圧・SpO2・カプノグラフィーなど一般的なモニター
 
       仰臥位で、笑気・halothaneによる緩徐導入
 
       舌根沈下に対してoral airway使用
 
       喉頭鏡使用、目視下で声門を確認の上、8.0mmのカフつき気管チューブを挿入、しかし声門下で抵抗あり通過せず
 
       気管支ファイバースコープを挿入し確認。気管輪は同定できず、
吸気・呼気時ともに完全に虚脱  
 
       気管支ファイバースコープで診察後、注意深く、カフつき気管チューブ 7.0mm,6.0mm挿入を試みたが声門下に抵抗あり
 
       声門下の浮腫、機械的刺激の繰り返しによる声門下狭窄の進行の可能性を考え、挿管を断念。    気道確保困難のため麻酔を中断、患者を覚醒。
 
       2か月後BF施行したが、声門下の狭窄もなく、覚醒下で、仰臥位・立位それぞれにおいても体位による明らかな気道の変化は認められなかった。
 
<Discussion>
 
       再発性多発軟骨炎は高頻度に遭遇する病気ではないが、麻酔科医にとって生命を脅かす非常に危険な病気である。
 
       再発性多発軟骨炎の患者の50%は気道に合併症を持ち、特に呼吸困難のある患者は注意深い評価が必要である。
 
       胸部X線、CTやBFの結果は気道閉塞の評価を誤らせる可能性がある。しかしフローボリューム曲線は気道評価に有用である。
 
       もし可能であるならば、立位・仰臥位それぞれの体位で、フローボリューム曲線を検査して気道閉塞の評価を行うべきである。
 
       再発性多発軟骨炎の患者は、外因性の圧迫による気管虚脱が起きる可能性が高く、立位でのawake挿管が有用であるかもしれない。またその場合、機械的刺激を最小限にするために、気管支ファイバーで気管径を確認しながら、適切な太さのチューブをスタイレットを使用せず挿入するのがよい。またPEEPが有効である可能性が高い。
 
<まとめ>
 
       可能であれば、再発性多発軟骨炎の患者は局所麻酔で手術を行う事を考慮すべきである。
 
       もし全身麻酔で挿管が必要な場合は、十分なインフォームドコンセントを行ってください。


 

 


 

 
 
 


 

        


 

 
 
 
 


 


 

 
 


 

 
 
 
 


  

 


 

 
 


 

 
 
 


 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 


 

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://anestation.com/modules/minimoni/tb.php/207