国立大学法人 旭川医科大学 麻酔科蘇生科講座 ポータルサイト AneSTATION

Minimoni - 心臓#65533;儻紊RALI発症に対す#65533;�鼻Χ展杷修留洞

心臓#65533;儻紊RALI発症に対す#65533;�鼻Χ展杷修留洞

カテゴリ : 
ミニモニ
執筆 : 
kashiwagiy 2013-6-7 20:14

 Transfusion-related acute lung injury in cardiac surgery patients is characterized by pulmonary inflammation and coagulopathy: A prospective nested case-control study

 

TRALIは輸#65533;慙△輪機猖瓦亮舁廚文彊任△�/span>TRALIの病因に関す#65533;彎嘉如璽燭呂曚箸鵑匹覆ぁ/span>

TRALIは通#65533;隆擬圓茲蠅癲⊇転百擬圓波鰭囘戮發△覆任ICU室を必要とす#65533;澗ー�儻經擬圓脇辰帽睇囘戮箸気��/span>TRALIの発症には患者の#65533;匹砲茲�拗ッ羌絅廛薀ぅ潺鵐阿函⇒��嬖歛乎罎肪濱僂気�唇劼箙蛎里砲茲�気蕕覆�ッ羌絣萓修海気�眸藹害や肺障害が起こさ#65533;�箸気��泙拭展之椀郷福溶系減少によ#65533;�砲茲�拆祿欧狙気�燭箸いκ鷙陲發△�/span>

 

目的

TRALI発症に対す#65533;�匹閥展之呂隆慙△鯆敢困靴拭/span>

 

研究デザイン:コホート内症例対照研

 

対象

ICU室を必要とす#65533;縦�澗ー�儡擬/span>(CPB使用)668人。

 

介:なし

 

法

TRALIの診断はCanadian Consensus Conference definitionに基づいた。

→輸#65533;6間以内に生じた新規のHypoxiaP/F300未。Xpで両側肺の変化・PA閉塞圧18Hg以下。

CPB中の体温は28○汁32○州術後は全員機械換気でICU帰室。

ICUではHb5.0mmol/Lを保つように白#65533;絽詐峽�紊鰺�/span>FFPPCは出#65533;燭���箸忙藩僉/span>

採#65533;〆困兪宛紂/span>TRALI発症に行#65533;�拭泙/span>TRALI発症にはBALFも行#65533;�拭/span>IL-6IL-8Elastase-α-1-antitrypsin複合体(EA)、TAT複合体、PAAPAI-1が測定さ#65533;/span>

 

#65533;/span>

16(2.4)TRALI発症。TRALI発症しなかった患者から輸#65533;欧犯麝�欧/span>32人ずつ#65533;个気�羈咾気�拭/span>

TRALI発症群は高齢であり、EUROスコア、American Association of Anesthesiology scoreが高かった。

クランプ間、ポンプ間、#65533;兒間も長かった。輸#65533;鬚気�燭/span>TRALI非発症群も非輸#65533;欧鉾罎戮�肇薀鵐彁間、ポンプ間、#65533;兒間が長かった。

TRALI発症群は有意に多いRBCFFPPC輸#65533;鮗韻討い拭泙/span>TRALI非発症群に比べてHLAHLA、好中球抗体が多く検出さ#65533;拭/span>

全患者で術後は#65533;罎/span>IL-6,8EAは加していた。

TRALI患者では非輸#65533;擬圓鉾罎戮独瓢のIL-6,8は加していた。(TRALI非発症では加せず)

TRALI発症にIL-8EAは減少していたがIL-6は上昇したままだった。

IL-1Bは術後も上昇しなかった。

ポンプ間の加は術後の#65533;IL-6.8の加の#65533;好廾世辰拭beta;1.14(0.29-1.98)、β0.55(0.09-1.01)

 

TRALI発症は非輸#65533;押θTRALI群と比べてTATは有意に上昇しPAA%は減少していた(Fig2)

ポンプ間・FFP輸#65533;/span>PLT輸#65533;/span>TRALI発症のTAT加の#65533;好侫.拭爾世辰拭/span>

EUROスコア高値とポンプ間加はPAA%減少の#65533;好侫.拭爾世辰拭/span>

 

肺#65533;匹閥展脳祿/span>

TRALI群ではBALF中の蛋白#65533;戰�緇困靴討蝓戮任力浬个┷兇気�拭9ッ羌紊領も多く認めた。

TRALI群ではBALF中のIL-6,8EAはTRALI群・非輸#65533;欧鉾罎戮徳加していた。(Table2)

 

#65533;罎/span>BALF中のTATはTRALI群・非輸#65533;欧犯罎戮徳加していた。

TRALI群では他群と比べてBALF中のIL-6,8EAIL-1Bが加していた。

ポンプ間加はBALF中のIL-6,8加の#65533;好侫.拭爾世辰拭/span>(Fig3)

 

TRALI患者ではBALF中のPAAは減少しPAI-1は加していた(Fig4)。このことは凝固系が亢進し溶系が抑制さ#65533;討い�海箸鮗┷兇垢�/span>

ポンプ間はBALF中のPAI-1TAT加、PAA%減少の#65533;好侫.拭爾世辰拭/span>FFP輸#65533;/span>PAI-1加の#65533;好侫.拭爾世辰拭/span>

 

 

凝固障害と#65533;蛭娠に対す#65533;洞/span>

輸#65533;欧任枠麝�欧犯罎戮/span>TAT加とPAA%減少を認めた(Fig2)

輸#65533;欧任惑戮悗旅ッ羌紊領を認めた(Table2)。しかし、BALF中の好中球活性化としてのEAは加していなかった(Fig3)。また、BALF中のPAA%は輸#65533;灰鵐肇璽�欧埜詐靴討蝓戮任寮溶系障害を示唆してい(Fig4)

 

考察

本研究で得ら#65533;燭海箸蓮⊃澗ー�儻紊倭歓箸料官�評屬任△TRALIの発症前には全身でのIL-6,8の上昇が先行すTRALIでは肺への好中球の流がおき#65533;修�篭展任緑郷覆叛溶系抑制と同様に、肺での前#65533;疋汽ぅ肇ぅ鵑両緇困飽海海気��A歓閥展脳祿欧版拗ッ羌緡が輸#65533;灰鵐肇璽�欧任惑Г瓩燭/span>TRALIの診断基準はたさなかった。

 

心臓#65533;僂任/span>CPB中に#65533;佞粒阿離船紂璽屬鯆未�海箸砲茲蝓ッ羌紊廛薀ぅ潺鵐阿気�∧儼素修困��戮琉太纏間が減少す#65533;海料歓箸旅ッ羌絅廛薀ぅ潺鵐阿/span>TRALI発症の“第#65533;奮rdquo;。全身#65533;匹鯆茲垢SEPSISも第#65533;奮箸覆TRALI発症の#65533;好侫.拭爾箸気�討い�郵看抻間や肺虚脱も第#65533;奮亡慷燭靴討い�發靴�覆ぁ2鶺∧呂任魯櫂鵐彁間が全身と肺の#65533;蛭娠亢進・凝固障害の#65533;好侫.拭爾世辰燭銅��疋沺璽湿緇困離�好侫.拭爾任呂覆辰拭/span>

 

TRALI発症の兆候としてIL-8が上昇していた。(EAは変化なし)IL-8は好中球プライミング効果があ#65533;6縮爾い海箸/span>IL-8抗体丁によって2段階発症モデ#65533;瞭以/span>ALI発症を防いだという研究もあ#65533;/span>

#65533;僂CPBの影響で#65533;鋲眸藝挧Δ/span>IL-8を産生し、細胞接着分子の発現加によ#65533;戮暴犬泙�里發靴�覆ぁ/span>IL-8によって好中球表面の接着分子の立体構造が変化し、内皮細胞に接着す#65533;茲Δ砲覆�海箸/span>TRALI発症の要因にな#65533;里發靴�覆ぁ9ッ羌紊稜挧个悗力浬个/span>CPB中や#65533;冀罎猟樟槐拆祿欧魄海靴討い�發靴�覆い▲灰鵐肇璽�欧任呂修里茲Δ文従櫃惑Г瓩覆辰拭K楔Φ罎/span>TRALI診断のマーカーを調べ#65533;燭瓩帽圓��燭發里任呂覆ぁ/span>

 TRALI発症患者で肺での好中球流とEA加を認めたことは好中球が肺へ移動してきて脱顆粒してい#65533;海箸鮗┷兇靴討い�靴掘ッ羌紊粒萓修/span>RCC抗体・上澄みの丁によ#65533;萋鹵奮慮紊砲世欝海�箸気�討い�M�什淬罎旅蛎里RCC14#65533;罎諒歛犬/span>TRALI発症に関連す#65533;箸いκ幻イ發△�/span>

 今回の#65533;未惑戮妊廛薀ぅ潺鵐阿気�森ッ羌紊�媽什淬罎旅蛎里篝己娠の修によって活性化さ#65533;�箸いΓ加奮皀妊�鯑以存海醗�廚靴新�未鮗┐靴申蕕瓩討慮Φ罎澄/span>

 #65533;匹/span>TRALIの早#65533;任△�歓箸版戮龍展脳祿欧魄海靴討い�里發靴�覆ぁ1�匹�佚防埆淑兵街涯展之呂砲茲�展脳祿欧魄海掘瓜に溶系の抑制を引き起こしてい#65533;里發靴�覆ぁ海里海箸/span>TRALI患者に対す#65533;展之呂鯡槁犬砲靴寝霪が可能かもし#65533;覆ぁ/span>APC

  • kashiwagiyさんのMinimoniを読む
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (725)
  • トラックバック

    トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する